読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金、お金、お金

タイトルはほとんど意味がない。

 

どうでもいい、文を書こうとしています。読むほどの価値のないものです。じゃあなぜ書くのか?自分の整理のため。いわんや、自己満足。人に気を使わない文章。そういったものが今の自分が欲している欲望だからです。誰もみてないし、法的に触れてないし、ネットリテラシーは知らないけれど、自己顕示欲が肥大しているものだから仕方ない。ね、めんどくさいでしょ。こんな文章読む人の気が知れない。でも全世界に発信はしてるわけだ。日本語が読める人は一応全員読めるわけだ。日本語が読める人は恐らく二億くらいか・・・。知らないけれど、

ソースはありませんから。日本の人口が1億5千万で日本語習っている人が5千万かな。きっと。適当な情報。適当でいることが許せない社会ですからね、最近は。そこをあえて適当にやる場所が欲しいのです、最近は。どこもかしこも嘘は許さない。ちょっと常識的にどうなの?といわれたら一気に叩かれる社会。どこか北朝鮮の監視社会のような気もします。ますます、クレーマーのせいでTVはつまらないし、ネットもそうなってきてるし。みんなスマフォで写真を撮って悪いことの証拠集めにまい進してますし。

いまこそ、そういった反体制の側にいける人がロックスター的に現れてもいい気がするけれど、それをやっても誰もが無関心。関わりたくない。ってなりそうで。それをやるのは犯罪者扱いにされてしまうし。

彼女ですら。すいません、彼女います。とか言うだけで今は批判の対象でリア充爆発しろと言われてしまう。みんながどこか空気を読まざるを得ない。なんて不自由な社会なんだろう。善意ですら、偽善者扱い。彼女ですら、気を使わなくてはいけない。デリカシーがない。と言われる。デリカシーってなんだよ。知らないよ。どこまでも気を使わなければいけない。それをコミュニケーションという。コミュ障だから、、、と言い訳。ばかじゃないか。そんな言葉で逃げ道を作って。欝とか。世界は広いけど声の小さい人、弱気な人には狭い。なにをどうやって、ネツリョウヲモッテ、いいのか本当にわかりにくい。

そこでだ、お金を生むための方法は誰しもが考えなければいけない。本音を押し殺して、サラリーマンでいいのかもしれないけど、なにか社会になじめないひとはきっと空想の世界に生きてる。空想の世界を小説や映画や絵やなにかしらのクリエーテブにかえる力をそういった人々達はもたないととてもイキズライ。なんでもいいのだ、人から認められなくても、自分らしさを発揮できる物をみつけてそれをお金にかえて生活したいのだ。お金で振り回されていいのだと思う。自分の好きなものを貫くには生活プラスそれにかかる費用がかかるものだ。彼女とうまくやるにも借金があってはままならない。ましてや彼女を作ることにすら躊躇する。結婚なんてしちゃいけないと、自分に自身がよほどなくなる。文法がもうむちゃくちゃだ。

熱量、

お金を生めるほどの熱量。三次元を超える作品愛。これからは熱量クリエイティブさえあれば。あと、運と戦略がないと作ったものにお金なんか生まれない。それ以外は屑と言われる。渋谷で熱狂するようなばかを旨く「これいいんじゃね」とおもわせるビジネスの嗅覚を持った人によいと思わせる作品。SEKAINOOWARIみたいな。あさい。わたしはどうしてもあさい。どうやって、人に影響を与えられるのか。何も名声のない人が言ってもしょうがない。馬鹿になったほうがらくだ。ロボットみたいに人の期待に応えられた方がきっとらくだ。そんなのあたりまえだ。

自分の得意なものを作品にこめる努力がたりない。もやもやとしてるのに怠惰。だから貧乏で借金だらけなのだ。引くぐらい熱量があれば、なんだっていいいのに。熱量をなんでもいいからこめたいのだ。魂をこめたいのだ。なんでもいいのだ。命をけずりぁええんのじゃ。どこの方言だ。ばかになりたい。狂をえたい。なににお前は狂えるのだ。作品作りに狂え。狂え。狂え。何も浮かばずとも、作品作りの事を考えろ。狂え。浮かばないんじやない。浮かぶまで狂っていないのだ。狂え、狂え、狂え。社会不適合者よ。作品作りに狂え。狂え。じゃなきゃいつまでたっても生きにくい。死ぬくらいなら狂え。お金は後から付いてくる